sanno.infotown.org

■ 現代企業論

科目名 コード 単位数 学年 科目の難易度 テキストの難易度
 現代企業論 EB060 4単位 3年次 ★★★★ けっこう大変
★★★ 普通かなあ
【私の学習目標】
 取引コストの理論とバーノン・モデルを理解すること。
【総評】
 この科目は、先に基礎的な科目を学んだ後の「応用編」ともいえるものです。従って、マネジメントの基礎を理解していないと、上辺だけの学習になってしまうでしょう。ただし、応用とはいっても、日頃の企業活動に即役立つような実務直結型の内容ではありません。
 この科目の中心課題のひとつに、「取引コスト」の理論があります。企業の取引が市場を通じて行われるか、組織内部で行われるかの選択は、その取引コストによって決定される、というものです。それに関連して、市場の失敗、情報の非対称性など、経済学で学ぶ概念が出てきます。キチンと理解するには、先に経済学を学んでおく必要があるようです。
【テキスト学習】
 テキストを一通り読みました。
【BVスクーリング】
 「BVスクーリング」を受講(欧陽菲先生)しました。
【科目修得試験】
 記述式問題が2題(各50点)が出題されました。
 理論的には、そこそこ解答できたと思います。しかし、その具体例の記述や展開が甘かったようです。おかげで「◎」ではなく、「○」でした(^_^;)

Copyright© town All rights reserved.

閉じる