sanno.infotown.org

■ 経営システム分析の基礎

科目名 コード 単位数 学年 科目の難易度 テキストの難易度
経営システム分析の基礎 EB120 4単位 3年次 ★★★★ けっこう大変 ★★★ 普通かなあ
【私の学習目標】
 企業の問題を正しく認識し、解決策を導く力を身に付ける。
【総評】
 企業そのものをシステムとして捉え、これを改善していくための手法として「課題づくりモデル」を中心に学びます。
 「課題づくりモデル」は、1970年代に森谷教授のチームが開発し成果をあげてきた経営改善のための手法です。少々古い感じはしますが、充分役に立ちます。もちろん、産能独特のモリヤ理論のオンパレードです。
【テキスト学習】
 森谷先生のテキストは、内容は有益な反面、私にとっては「読み難いテキスト」です。
 言葉や表現はやさしいのですが、パラグラフ内の構成やパラグラフ間の論理的な繋がりが曖昧で、構造的に整理されたカタチになっていません。そのため、キー・センテンスを繋ぎながら論理の流れを追って読もうとすると苦労します。まるで、講義内容をそのまま原稿に起こしたような書き方です。

 私としては珍しく、マーカー・ペンを持ちながら、しっかり読み込みました。章ごとに理解促進テストをやり、リポートA&Bもやりました。記述式リポートは、同じモリヤ科目である「経営診断」に比べて比較的容易でした。
【スクーリング】
 山下福夫先生の講義を受けました。
【科目修得試験】
 過去問題をチェックし、問われるテーマを絞り込んで復習しました。モリヤ科目にしては、難易度があまり高くないように感じました。結果は「◎」です。

Copyright© town All rights reserved.

閉じる