sanno.infotown.org

■ 行動科学

科目名 コード 単位数 学年 科目の難易度 テキストの難易度
  行動科学
 (iNet授業)
AB130 4単位 2年次 ★★★★ けっこう大変
★★★ 普通かなあ
【私の学習目標】
 人間行動の法則性を確認し、自分の仕事に活用する。
【総評】
 人間行動の法則性を知り、相手の行動を予測できれば、より的確な対応が可能となります。例えば、会社など組織内での人間関係でつまずくことも少なくなるでしょう。マーケティングなどへの活用期待も大きいものがあります。そういう意味で、「行動科学」を学習することは、「賢い人」へ一歩近づくことになるような気がします(^^)
 しかし、行動科学の領域は広範です。産能で学ぶ(はずの)、マネジメントに関連した分野だけでもかなり範囲が広いのです。ですから、テキストは総花的にならざるを得ません。現実の世界で活用するには、もう少し突っ込んだ学習が必要なようです。
【テキスト学習】
 テキストを一通り読みました。各分野の代表的な理論をチラッと紹介しているだけ、という印象を持ちました。
 「iNet授業」を受講したので、学習期間中にリポートA&Bの2通を提出する必要があります。このうち、Bリポートは記述式で、キチンと解答しようとすると、結構なボリュームになります。私の場合、このBリポートの提出が1ヶ月以上遅れてしまいました(^_^;)
【iNet授業】
 「iNet授業」のビデオ講義(小林幹児先生)を視聴しました。
 この講師の行なう講義を好意的に見る学生も多いようですが、残念ながら、私からの評価は厳しいものです。詳細は「スクーリング」コーナーに譲りますが、基本的に講師の専門とする領域と、この科目の領域(特にマネジメント関連分野)が合っていないように思えます。また、そのズレを埋めるような努力もなされていないのではないでしょうか。
 最終課題(科目修得試験に相当)は、大きな設問で2題。結構時間がかかりました。講義を視聴しただけでは、数行しか解答できません。そこで、参考図書やインターネットで調べまくり、自分なりに理解・整理した上で、長々と解答しました。ここまでやると、この項目に関しては、ちょっと得意になったような(?)気分になります(^^)
【科目修得試験】
受けず(iNet授業で単位修得)

Copyright© town All rights reserved.

閉じる